タグ:Leopard

最近はまったのでメモ書き。

LeopardからApacheのバージョンが2.2.6になっています。
Tigerと違って、Apache1.3+mod_perlが標準ではないので、mod_perl2を自前で入れる必要があるんですね。
今の職場はPerlがメインのWeb開発なので、mod_perlないとお話にならないのですね。

が、普通にインストールすると、
Intel Macだと、アーキテクチャータイプが違うとかで起動してくれない。
(非インテルは未確認)

そこで、mod_perlを入れる際に、環境変数をいじる必要があります。

$ wget http://search.cpan.org/CPAN/authors/id/G/GO/GOZER/mod_perl-1.30.tar.gzmod_perl-1.30.tar.gz
$ tar zxvf mod_perl-1.30.tar.gz
$ cd mod_perl-1.30
$ export ARCHFLAGS="-arch x86_64"
$ export CFLAGS="-arch x86_64"
$ perl Makefile.PL
$ make
$ make install


デフォルトで入っているモジュールだけだと、make testでモジュールが足りないと怒られると思うので、エラーメッセージ見ながら追加してあげて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

やっとLeopardを入れてみました。
メジャーリリースということもあって、競合するソフトも多いみたいですね。

MacOSX10.5(Leopard)を問題なくインストールする方法
とか、
今んとこLeopardで動作しないソフトウェア報告スレ2
いろいろ情報がでています。

ざっとチェックして、致命的なものがなさそう。

一部ではインスコ終了時に、ブルースクリーンが出ると報告があるのですが、
周りの人たちでそういった人がいなかったので、とりあえず自宅のMac Book Pro へインサート。

最初は内蔵HD認識しなくて焦ったけど、メニューバーいじったり、コンソールでdfとかやっていたら出てきました。(謎)

今のところは快適に動いています。
が、やっぱりSynergyが挙動不審。

いつもこんなシェルで起動させているんですが、

/usr/local/bin/synergys --config /etc/synergy.conf &

コレだと何故かClientから接続した場合にsynergysが落ちてしまう。(??)

バックモードで起動して原因特定しようとおもったら、-fオプション付けると、正常に動作する。さてはデバックさせない気か??

まぁ、とりあえず動作しているので、これはコレで良いとして、
デバック出力は普段から出しているのは邪魔なので、最終的に変更したシェルがコレ。

/usr/local/bin/synergys -f --config /etc/synergy.conf >/dev/null 2>&1 &

ちょwどんだけww

ツンデレシェルができてしまいました。

デバックしてーのか、したくねーのか、どっちだよ!!

って感じですな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ