自宅Fedoraマシンの画面が黄色がかってしまい、何故なのかしらべてみました。 原因は色々あるんですが
  • ディスプレイの寿命
  • ケーブルの接触不良
  • グラフィックボードの故障
  • ディスプレイ自体の色彩設定
まず、ケーブルの接触不良を確認します。 ディスプレイ自体が悪いのかどうかは別のPCにつないでみれば解ります。 他のPCは正常に映る場合はグラボがおかしいかOS側の設定ですね。 他のPCでもおかしい場合はディスプレイ側に原因があります。 でまずはPC背面のケーブルを抜き差ししてみました。・・・治らない。 では別のPCはどうか?ノートPCをつなぐと・・・やはりおかしい。 ディスプレイの色彩設定をチェック・・おかしな点は無い。 ディスプレイの故障か?と思ったのですが、そういえば、ケーブル抜いたときの画面自体の色彩チェックは綺麗に映っていたな・・・・と思い、もしやと思ってディスプレイ背面を見る。 此処にもケーブルがあるじゃん!!ちょっと差し込みを深くしてみると・・・治った!! 教訓、「ケーブルが有る以上接合点は2カ所ある」 ・・・当たり前すぎ。