面白いソフトがありました。
携帯電話の会話を採点してくれるソフト「ジャーコ・メーター」

現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が携帯電話向けに開発中のこのソフトウェアは、発言のパターンや声のトーンを分析し、人が会話に引き込まれている度合いを0%〜100%の数字で算出する。
これは面白い発想ですね。恋愛とかビジネスに大活躍しそうな予感がします。 と思っていたんですが・・・
 現在ジャーコ・メーターは、プログラムを使用している側をモニターするように設定されている。使用者の注意が散漫になると電話機に「何をやってる!」「もう少し感じよく」といったメッセージが表示される。スコアが100%近くになると、「おお、なかなかの話術だ」などのメッセージで鼓舞する。
・・はっきり言って余計なお世話です。