毎月というわけでは無いんですが時折Webデザインの本を買ったりします。 読み物としてではなく、パラパラ流し読みできる「Web Designing」なんか大スキです。 その「Web Designing」の「flash Lab.」コーナーを一冊にまとめた「Thinking Flash」という本が出ていたので即購入しました。 同じくWeb系の開発者として(私はオンラインシステム開発ですけど)すごく勉強になるし、それ以上にとってもインスパイアされます。 この本は白を基調とした綺麗な表紙なので本棚に飾っておきたい一冊です。 『Thinking Flash』
このエントリーをはてなブックマークに追加

面白いソフトがありました。
携帯電話の会話を採点してくれるソフト「ジャーコ・メーター」

現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が携帯電話向けに開発中のこのソフトウェアは、発言のパターンや声のトーンを分析し、人が会話に引き込まれている度合いを0%〜100%の数字で算出する。
これは面白い発想ですね。恋愛とかビジネスに大活躍しそうな予感がします。 と思っていたんですが・・・
 現在ジャーコ・メーターは、プログラムを使用している側をモニターするように設定されている。使用者の注意が散漫になると電話機に「何をやってる!」「もう少し感じよく」といったメッセージが表示される。スコアが100%近くになると、「おお、なかなかの話術だ」などのメッセージで鼓舞する。
・・はっきり言って余計なお世話です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は月から地球を眺めるのが夢なんです。 私が生きてる間にかなうかどうか・・・ と思っていたらこんなのありましたこんなニュースが発せられました。
 ニューヨーク発――『国際宇宙ステーション』(ISS)に「旅行客」を送り込んだ民間宇宙旅行のパイオニア、米スペース・アドベンチャーズ社(バージニア州アーリントン)が、今度は人間を月の向こう側まで飛ばすという新たなミッションを計画している。

地球と月の往復チケットの料金は1億ドルだ。

 スペース・アドベンチャーズ社によるこの新たなミッションは、2008年か2009年に実現する可能性があり、この飛行を最終的には一般民間人を月に上陸させる足がかりにする計画だ。
ビックな話ですけど、値段もとんでもない額ですね。 「ハネムーンで月面旅行!」なんて時代はもうすぐそこなんでしょうか? 日本ではJCBが売り出すそうです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ